映画座

「小さい頭巾」と「枕の掃除」と「トンヌラ」による、映画のレビューブログ。楽しければいいじゃない。そんな我々の遊びの場。Twitter ID:@coldish1014

子供から大人まで、全ての人の物語

どうも『枕の掃除』です。

運命の出会いというと、漫画や映画の中だけの話のように思われる方もいると思いますが、偶然の出会いがその人の人格にまで影響を与えてしまうというケースは確かに存在します。

それは必ずしも人ではなく、形あるモノであったり、時には形のないモノであったりもするかもしれません。

 

今回紹介する映画は、偶然出会ってしまった私の大好きな映画についてです。

 

 

インサイドヘッド

f:id:coldish:20170722105759j:plain

あらすじ

11才のライリーの頭の中にはヨロコビイカリムカムカビビリ、そしてカナシミの5つの感情が住んでいます。生まれ育ったミネソタを離れ、遠い街へ引っ越してきたライリー。不安とドキドキがいっぱいになったライリーは、心の中でヨロコビカナシミが迷子になってしまいます。ヨロコビカナシミを失ったライリーは全てを取り戻すためある行動に出るのだが……

 


映画『インサイド・ヘッド』最新予告編

 

この映画が公開された当初、私はこの映画にまったく興味がありませんでした。それどころか、擬人化された感情の物語という設定に、感情は個々に擬人化できるほど単純じゃないし、なんて狭くて個人的な話なんだと呆れかえっていました。

 

そんな私がこの映画を観たきっかけは、友人と行った海外旅行でした。目的地まで約8時間ほどかかる行きの機内で、私はとりあえず映画でも観ながらゆっくりしようと思い、適当に選んだのがこの映画でした。

 

 

観るものがなく、仕方なく選んだこの映画でしたが、結論から言えばこの作品、とんでもなく面白い映画でした。

 

 

まず私が一番懸念していた、擬人化された感情という設定については、さすが感情だけあって、それぞれの特徴が明確に分けられていることに感心しました。

 

特にヨロコビライリーをただただ幸せにしてあげたいという無償の愛が、当時姪っ子ができたばかりの私に突き刺さりました。なるほど、ヨロコビすべての子を持つ親であり、直接親ではないが今の自分でもあるんだと理解しました。

さらに、その人の性格を5つの擬人化された感情にだけに集約するのではなく、感情と想い出と人格をそれぞれ視覚的に別の形で表しているのが面白かったです。感情が思い出を作り、特別な思い出がその人のパーソナリティを形成する。それを視覚的にわかりやすく表現されていることに驚きました。

 

 

物語は進み、ミネソタからサンフランシスコへやってきたライリーの心は乱れに乱れ、ヨロコビ以外の感情で溢れかえります。そんな心の乱れからヨロコビカナシミは心の中で迷子になってしまい、ライリーは感情を失ってしまいます。

 

ここでムカムカビビリが不在のヨロコビに代わってヨロコビを演じようとするも演じきれていないというシーンが、あるあるすぎておかしかったです。

 

ヨロコビカナシミが心の中を彷徨うシーンは、物語として面白いということに加え、記憶や心の性質の説明にもなっていて、二重に楽しめました。

 

 

ヨロコビカナシミが旅をする中で、ついにヨロコビが、なぜ人はカナシミを持っているのかを理解するシーンでは、ボロボロと涙がこぼれてきました。

 

ヨロコビカナシミの意味を知るという、プロットの鋭さ、恐ろしさ。

 

私も、私の中で何かを犠牲にしながら成長してきかと思うと、本当に涙が止まりませんでした。

 

常に子供にはヨロコビで溢れていてほしいと思う親心がある一方で、ただ自分もカナシミや辛い経験を乗り越えて大人になったように、いずれすべての子供が同じ経験をしていくのかと思うと、苦しくて仕方がありませんでした。

 

誰ですか、狭くて個人的な話し過ぎて呆れかえるなんて言った人は!呆れかえるどころか、すべての人に当てはまる極上エンターテインメントじゃないですか!

 

それに感情は個々に擬人化できるほど単純じゃないという不満にも、ちゃんとアンサーしているラストには脱帽です。

 

 

昔初めて借りぐらしのアリエッティを観たとき、キャラクターが小さいからとはいえ、こんなにも物語の広がらないミニマムな話ってどうなの?と思ったものですが、この映画もライリーだけにスポットライトを当てれば、「思い立ってやめる話」と要約できるほどミニマムな話ではあるのですが、それなのにここまでダイナミズムに溢れた作品に昇華できるのはさすがピクサー映画だからなのでしょう。

 

 

結局私は行と帰りの飛行機で計3回この映画を観て、ブルーレイも購入して、もう何度も繰り返し鑑賞しています。

 

 

あの時飛行機の中でこの映画に出会っていなければ、きっとこの映画を誤解したまま一生を終えていたことでしょう。

みなさんもいつどこで、運命の1本に出会えるかわかりませんので、たまには普段見ない映画を観てみるのもいいのではないでしょうか。

映画クレヨンしんちゃんシリーズのパンフレットのお話【雑記】

 

 
こんにちは!
 
小さい頭巾です。
 
 
みなさんは映画館で映画を観た後、パンフレットを買ったりするでしょうか?
 
 
僕は余程つまらないと感じたもの以外はたいてい買うようにしております。
 
 
 
小学生の頃の話ですが、当時は映画館に行くことですら金銭的に厳しいものがあったにも関わらず「観た映画のパンフは買わねば!」と、なんとかしてパンフも購入し帰っていました。
 
 
というわけで小学生の頃から我が家にはそこそこたくさんの映画パンフレットがあるのですが、そんな中でも
 
 
 
当時の俺グッジョブ!
 
 
 
と、小さい頃の自分を褒めたくなる、そんなパンフレットがございます。
 
 
それがこちら。
 

f:id:coldish:20170717222354j:plain

 
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』
 
 
少し前に枕の掃除もレビューを書いていた映画です。
 
 
僕もこの映画は大好きで、これを観た子供の頃には大量の涙を流しましたし、そして大人になった今でも嗚咽を漏らす程泣いてしまう映画の一つだったりします。
 
 
名作中の名作ですね。
 
 
ちなみにクレヨンしんちゃんは他にも
 
 
・嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦
・嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード
・嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ
 
 
と、計4冊持っております。
 

f:id:coldish:20170717222537j:plain

 
どれも思い出深いですがこの中では
 
 
『夕陽のカスカベボーイズ』

f:id:coldish:20170717222621j:plain

 
 
当時クレしんシリーズで一番読み込んだパンフはこれでした。
 
 
というのも夕陽のカスカベボーイズに出てるこのキャラ

f:id:coldish:20170717222851j:plain

 
つばきちゃんです。
 
 
全然関係ないですが、どういうわけか記事用にスマホで撮影している最中
 

f:id:coldish:20170717222938p:plain

 
上のおっさんばかり顔認証されるので、新手の呪いかと思いました。
 
 
 
話を戻しますが、当時の僕にとって
 

f:id:coldish:20170717223313j:plain

 
このつばきというキャラは
 
 
 
めっちゃ好みだったんですよ。
 
 
 
そこでなんですがカスカベボーイズを観たことがある人にお伺いします……
 
 
 
これ共感する人いるんじゃないですか?
 
 
 
わかる、わかる〜っ!
つばきちゃん可愛いよな!
 
って人……
 
……いるでしょ!
 
 
 
そんな人は当時12歳くらいだった僕と話が合うはずですのでタイムスリップして会いに行ってみてください。
 
 
僕も話が合いそうなので今から12歳の僕に会いに行こうと思います。
 
 
 
子供の頃から好み変わってねぇ!!!!!
 
 
 
小さい頭巾でした。
 

 

twitter.com

 

あの日あの時あの場所で……

どうも『枕の掃除』です。

もしも過去に戻ることができたらなんて話はよく耳にしますが、みなさんは真剣に考えたことはありますでしょうか。

 

私は高校2年の学園祭の時期に戻ってみたいです。

もっと言えば、学園祭翌日の、あの瞬間の、あの駅のホームに戻ってみたいですが……なんて自分語りはさておいて

 

誰しもが過ぎ去る時の流れに逆らって、過去に戻ってみたいと思うのではないでしょうか。

今回紹介する映画は、ひょんなことから時間を巻き戻してしまう能力を身に付けた、少女の物語です。

 

時をかける少女

f:id:coldish:20170716043252j:plain

あらすじ

尾道の高校に通う16歳の芳山和子は、土曜の放課後、理科室を掃除中にフラスコからこぼれた不思議な液体のにおいをかいで昏倒してしまう。覚醒した和子は、その香りがラベンダーのものであることを確信する。その直後、和子は時間を超える能力を持つようになった。和子は意を決して同級生の深町一夫にそのことを告げると……。

 

 

 

今回はこの1983年公開の角川映画大林宣彦版「時をかける少女」についてレビューしていきたいと思います。

まずこの「時をかける少女」というお話は筒井康隆の小説が原作で、何度も映像化されていることでも有名です。

 

本来であれば細田守版のアニメ「時をかける少女

f:id:coldish:20170716043317j:plain

 

 

谷口正晃版の仲里依紗主演「時をかける少女

f:id:coldish:20170716043357j:plain

 

この3作品の比較でレビューを書こうと思ったのですが、どうしても谷口正晃版が観る事が出来なかったので、大林宣彦版単体で書くことにしました。

いつか細田守版との比較は書いてみたいですが、それはまたいずれ…

 

 

さて、大林宣彦版の「時をかける少女」ですが、簡潔に感想を述べますと

しゃべりは棒だし、演技は拙い

それでも好きだ!

 

そんな映画でした。

 

 

確かに口を開けば、文字がそのまま出てきたかと思うような話し方に、高校生役の子たちの演技は観てるこっちが恥ずかしくなります。

 

 

それでも嫌いになれない理由は、芳山和子役の原田知世のかわいらしさ。そして大林宣彦監督の演出力によるものだと思います。

 

 

まず原田知世は、角川・東映の大型新人発掘のためのオーディションで「角川映画大型新人募集」特別賞を受賞し、芸能界に入ります。

そして1983年にこの「時をかける少女」で映画初主演になるわけですが、何と言ってもこの原田知世が魅力的。

女優ですからアイドルという表現は間違っている気もしますが、まさにアイドル映画のような、彼女の一挙手一投足に心を踊らされます。

 

今の平成の時代にはない、良き昭和のあどけなさ、とでも言えばよいのでしょうか、そんな魅力が随所に感じられました。

 

 

次に大林宣彦監督の演出で、クライマックスには正直驚きました。

ふたりが崖から飛び降りて、土曜日の実験室に戻るまでの写真のコマ撮り演出。

音楽と相まって、頭がくらくらしてきます。(もちろんいい意味で)

 

極めて実験的な演出にもかかわらず、なぜかあのシーンが私の心を掴んで離さないです。あのシーンがあるからこそ、棒のセリフ拙い演技原田知世のかわいさ、それら全部をまとめて、この映画の魅力に仕立て上げているようにも思います。

 

ともすれば学芸会レベルで終わってしまうようなお話が、映画として、傑作として成立している。その背景に監督の手腕を感じさせます。

 

物語は今回、深くは追究しませんが、ハチャメチャはハチャメチャです。

それでもいいんです。

繊細そうでぶきっちょな物語が、映画の中の彼らと重なって、なぜかマッチしてしまう。まさに映画のミラクルです。

そしてラストのエンドロール


時をかける少女ending

 

ダメなところもいっぱいある映画でしたが、それも含めて好きな映画です。

 

【雑記】楽しすぎ。

 
 
こんにちは!
 
小さい頭巾です。
 
 
突然ですが僕は中学生の頃から映画を撮ることが夢でした。
 
 
まぁその話はコチラでもしたことがあるのでちょろっと割愛。
 
そんなわけで僕はその映画を作るという夢を実現させるべく、大学で映画製作をしているサークルに入ったわけです。
 
 
そのおかげで学生時代の4年間は想像を絶するくらい楽しかった!
 
 
自分たちが作った脚本を、演者の方が演じ、撮影し、それらを編集し、上映する。この流れの中に一切のつまらない瞬間はなかったくらいです。
 
 
 
 
楽しかった!
とにかく楽しかった!
 
 
 
 
特に僕らの代は映画撮るのが好きな部員が多く、面白いものを作りたい欲が強かったので、またそこが良かったんです。
 
 
僕にとってあのサークルでの思い出は一生もんです。
 
 
それくらい映画を撮るのが好きだったんです。もちろんそれを楽しいと思えたのは同じ志をもった友人がいたからなのですが。
 
 
 
はい、ところでみなさん!
 
 
実際学生で映画を撮ってる人達というとどんなイメージがあるでしょうか?
 
 
こうやって文章で「あの時は楽しかったよ!」と言っている分には構わないんですが、いざ
 
 
 
「映画部」
「映画サークル」
 
 
 
という文字だけを見たら、そこにどんな人が所属しているのか想像してみてください。
 
 
 
おそらく皆さんの頭の中に今描かれているのは
 
 
 
 

f:id:coldish:20170709175646j:plain

 
 
こんな感じでしょう。
 
 
 
映画桐島、部活やめるってよにて、映画部部員がゾンビ映画を撮影するシーンです。
 
 
 
映画部=コレ

f:id:coldish:20170709175646j:plain

 
 
映画サークルに所属していた僕=コレ

f:id:coldish:20170709175646j:plain

 
瞬く間に残酷な方程式の出来上がりです。
 
 
そうなんですよ。
悲しいことに映画部とか映画サークルって、映画撮ってた時の中身を話すとそこそこ盛り上がれるんですが、自己紹介などで
 
「映画サークル入ってまーす、へへへっ」
 
って言うとその時点で

f:id:coldish:20170709175646j:plain

 
こういう人だと思われるんですよね。
 
 
 
もう人というかこの写真通りゾンビみたいな扱いですよ。
 
 
 
勘違いしないでいただきたいのは、僕がこういう人たちだと思われるのが嫌とかそういうのじゃないんです。
 
 
というのも、実際ここまでではありませんがイメージ通りの人も居ます。僕もそうですが、好きなものに熱くなるオタク気質な人は多いです。そういうところはイメージ通りでしょう。
 
 
ただ変人はあまり居なかったかなぁと思います。暗い人もあまり居ませんでした。そこはイメージと違うところかもしれません。
 
 
・映画が好きな人。
・娯楽物を創作することが好きな人。
・とにかく面白いことが好きな人。
 
 
こういう人が大半を占めていましたね。
 
 
 
とは言えテニス部とかサッカー部と比べたら……
 
 
 
そりゃだいぶ暗く見えますけども!!!!
 
 
 
僕は4年間の大学生活で
 
 
「うぇーーーーーーっい!
 
 
なんて言ったことないし、言う機会もなかったです。
 
 
パリピって何?
パリに住んでる人?
 
 
ってくらいパリピとは無縁の日々!
 
 
サークル自体は楽しかったし、そこそこ充実した4年間だったと自分では思っております。が、弾けた生活ではなくどちらかと言えば静かな生活を送っていたような気もします。
 
 
食って寝て、そしてダラダラする日々であったことに間違いはないでしょう。
 
食って……寝て……ダラダラ……。
 
 
食って
 
 
寝て
 
 
ダラダラ
 
 
あれ、これって……
 

f:id:coldish:20170709175646j:plain

 
 
結局ゾンビと一緒じゃねぇか!
 
 
ということで小さい頭巾でした。
 
 
 
 
 

 

 

恐い!切ない!面白い!感情をめちゃくちゃにされる『ヒメアノ~ル』

 

こんにちは!

 

小さい頭巾です。

 

皆さんはラブコメ映画とサスペンス映画でしたらどちらが好きでしょうか。

 

ブコメの映画は甘酸っぱいドキドキ感を味わいながら、笑えて微笑ましくなれるそんな魅力があると思います。

 

対してサスペンス映画は同じドキドキでもハラハラドキドキ感。殺人事件等の事件を暴いたり、犯人と被害者の織り成す重厚な物語に魅力がありますね。

 

僕はどちらかと言えばサスペンスの方がよく観ます。恋愛とコメディと別のものを観ることはありますがラブコメというジャンルは正直あまり観たことがありません。

 

そんな僕が今回紹介する映画はコチラになります。

 

ヒメアノ〜ル

f:id:coldish:20170702203301j:plain

 

なんか可愛らしいタイトルな気がしますね。

 

ブコメとサスペンスの『ジャンル』という話から始めましたが、これはラブコメに違いないでしょう。

 

普段あまりラブコメというジャンルを観たことがない僕が何故この映画のレビューしようと思ったのか……

 

それではまず予告をご覧くださいませ。

 

youtu.be

 

え、前半と後半は同じ映画じゃないでしょ?

 

ってくらいの温度差がありますよね?

 

というか


結局ラブコメじゃないのかよ!

 

という声も聞こえてくる気がします。

 

 

そうですね。

はい。

 

 

ブコメじゃないですね。

 

 

一応念のために言っておきますと、予告の前半も後半もきちんと同じ映画です。タイトルが同じというだけの別々の作品というわけではございません。

 

この構成は予告だけでなく本編も同じで、前半はラブコメのような展開が繰り広げられるのですが、後半になると登場人物の視点が変わり物語が大きく変化いたします。

 

むしろ後半からがスタートという感じです。

 

実際オープニングが流れるのは映画が始まってから40分程してからです。

 

ではでは、あらすじを見てみましょう。

 

 

 

〜あらすじ〜

 

清掃会社で働く岡田は仲の良い先輩である安藤から、安藤がコーヒーショップ店員の阿部ユカに恋をしていることを告げられる。岡田の恋の手助けは虚しく、阿部ユカは安藤ではなく岡田のことが好きになってしまう。そんな淡い恋の裏では、岡田の元同級生であり昔イジメを受けていた森田が殺人事件を犯していた。そんな森田の殺人は岡田の周りにまで侵食していき……。

 

ブコメとサスペンスという話をしましたが、正確に言えばラブコメとクライム映画です。

 

謎とかはあまりないです。

 

まずは前半のお話から。

本当ラブコメムロツヨシさん演じる安藤は言動からしてなかなかヤバい奴。凄い変わっていて、どう転んでも恋が成就しそうにないのですが、それでも安藤は阿部ユカに自分なりの猛アタックを仕掛けます。単純ですがそこにクスリと笑わせるネタがたくさんあるんです。

 

知っている方はすぐ想像できると思いますが、ムロツヨシさんが変人の役をやるともうそれだけで面白いんですよ。

f:id:coldish:20170702204547j:plain

爆笑まではないもののにやけながら観てしまう、そんな感じでした。

 

しかし、そんな面白いシーンの中に徐々に不穏な空気をもたらしてくる存在があります。

 

それが森田です。

 

f:id:coldish:20170702204851j:plain

 

V6の森田剛さんが森田という役で出ているのですが、この人物が画面上に出ていると……

 

不思議と不安になるんです。

 

 

見た目も話し方も、どこか本当に居そうな少しヤバイ人なんです。森田の出番が徐々に増えていき、そして中盤……

 

 

オープニングが始まると同時に、とあることをきっかけにして森田の連続殺人が始まるのです。

 

 

 

〜感情めちゃくちゃ〜

 

この映画の凄いところは観ている人の感情をめちゃくちゃにするところだと思うのです。

 

森田の殺人はあまりに理不尽で無差別とも言えます。

 

僕はそんな彼に対して怒りの感情が湧きました。

 

しかしその反面で彼をこんな殺人マシーンにしてしまった過去、そこに悲しい感情が生まれるんです。

 

そしてムロツヨシさんの笑い

 

これらの感情が行ったり来たりして、そしてラストのシーンで

 

『何故こんなことになってしまったのだろう……』

 

切なくなるんです。

 

エンドロールを観ながら、僕がこの映画に対してどういう感情を持って観ていたのか振り返ってみると、もうそれが何なのかわからないんです。

 

楽しかったのか、恐かったのか、悲しかったのか……。極論を言えば全部なんですが、これらが全て混ざり合って僕は放心しました。

 

 

ただ一つ言えることはこの映画……

 

とてつもなく引き込まれます。

 

登場人物の行く末が気になって仕方なくなるんです!

 

森田という男に感情をぐちゃぐちゃにされながらも、目を離すことはできないんです。

 

面白いんです!

 

 

 

〜描写について〜 

 

さてこの映画ですがR15指定にも関わらず残虐描写官能描写がかなり多めです。

 

監督いわくR15で留められるギリギリを狙って撮影していたとのこと。血の色とか男女の重なり合い方とかは試行錯誤されたそうです。

 

とはいえ僕個人としてはかなりエグいと感じました。

 

本当これR15!?

 

って思いながら観てました。

 

エロいシーンと人が殺されてるシーンを短いスパンで交互に流すシーンがあるのですが、

 

頭おかいしのかよ!

 

と、ツッコんじゃいましたよ。

 

本当目を離せないくらいに面白いことは間違いないですが、そういうシーンは目を離したくなりました。

 

もうこの記事で僕が言っていることもめちゃくちゃになってきましたね。

 

 

とにかくそんな映画でございます。

 

 

刺激的な映画を観たい方には非常にオススメです。

 

是非ともみなさんの感情もぐちゃぐちゃにされてみてください!

 

 

それでは小さい頭巾でした!

 

 

twitter.com

 

公式サイトでは過激なシーンを含めた予告がございますので、観られそうか観られなさそうか判断するためにも観てみてはいかがでしょうか?

www.himeanole-movie.com

【雑記】怖すぎ。

 
こんにちは!
 
 
小さい頭巾です。
 
 
最近暑くなってきましたね。
 
 
 
こんな時はホラー映画でも観て涼しくなりましょう!
 
 
 
と、言いたいところですが、残念ながら僕はホラー映画は得意ではありません。
 
 
 
だって怖いじゃん!
 
 
夜寝れなくなっちゃうじゃん!
 
 
 
なので基本的に僕は幽霊が出る系の怖い映画はあまり見ません。
 
 
でもそんなホラーが苦手な僕でも一人じゃなく、みんなで一緒に観れば大丈夫なんじゃないか。
 
 
そんな気持ちでとある夏の日、友人宅で呪怨鑑賞会』が開催されました。
 

f:id:coldish:20170625231027j:plain

(怖い画像しかない中ようやく見つけた可愛い俊雄くん)

 
 
 
しばらくして
 
半年くらい後のことでしょうか。
 
 
その呪怨鑑賞会に参加していた友人から
 
 
その日鑑賞した呪怨の話を振られたのですが、正直僕には彼らが何を言っているのかわかりませんでした。
 
 
というのも、ホラー映画をみんなで観てみたいと言ったことは確かにあるのですが、僕はその日予定があったため鑑賞会に参加していなかったからです。
 
 
 
しかし友人たちは口々に
 
 
 
 
「いや、お前はいたよ」
 
 
 
 
と、言っており数年たった今でも僕は参加していたことになっています。
枕の掃除とトンヌラもそこには居ましたが、どうやら小さい頭巾もそこにいたようです。
 
 
僕は今でも呪怨は観たことがありませんし、その日はいなかったはずなんですがね……。
 
 
 
あー、こわいこわい。
 
 
 
おそらく高度な変装技術を持つことで知られている、かのバイキンマンの仕業と思われます。
 

f:id:coldish:20170625231321j:plain

 
彼が僕に変装して、僕の代わりに呪怨を観ていたに違いないのです。
 
 
 
そういうことにしておきます。
 
 
 
小さい頭巾。
 

【雑記】温めすぎ。

 
 
こんにちは。
 
小さい頭巾です。
 
 
みなさんは何か映画を観ようと思った時、どのようにして観る映画を決めるでしょうか?
 
 
ネットで調べたり、友人にオススメを教えてもらったり、あとはレンタルDVD屋さんでパッケージを見て直感で……なんて選び方もあるでしょう。
 
 
僕も今言ったような方法で観る映画を決めることが多く、他にもyoutubeで色んな予告を観てみて興味の湧くものを探したり、好きな監督、俳優で決めたりすることもあります。
 
 
ただ、今列挙した中で
『観ようと決断してから実際に観るまでの間が長くなってしまう』ものは
 
友人に勧められた映画
 
だと思うのです。
 
つまりどういうことかというと
 
 
友「この映画面白いから観てみろよ」
僕「おお、面白そうだな。今度観てみるわ」
 
3年後。
 
僕「マジで面白かったわ」
友「観るの遅ぇよ!」
 
 
こういうこと。
観ようとは思うのに、実際に観るまでの間が僕はおそろしいくらいに空いてしまうんですよ。
 
 
映画好きの友人が多いのでその分よく色々と勧められるんですが、どういうわけか中々観る機会が訪れない。
 
 
いや、お前のさじ加減一つで観る機会なんていくらでも訪れるだろ、って思われるでしょう?
 
 
 
 
本当その通り。
 
 
 
 
ぐうの音も出ません。
 
 
上映時間が長くて観るまで少し躊躇う
とか
面白そう過ぎて後に取っておいてる
とかとか
 
 
だいたいがそういう理由で遅くなっているわけです。
 
 
で、
長年温めた結果鑑賞してみて大抵思うのは
 
 
「もっと早く観ておけばよかった!」
 
 
なんですよね。
 
僕が友人に勧められていて、未だに観られていない作品の中にはきっと名作がたくさんあるんだろうなぁ。
 
というわけでこれから僕は、僕が幼稚園に通っていた時友人に勧められた
 

f:id:coldish:20170620211121j:plain

 

『マスク』
 
でも観ようと思います。
 
 
 
 
……20年前っ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 
 
 
 
小さい頭巾でした。